東京電設サービス株式会社

閉じる

サービスのご案内TPGペイント

TPGペイントとは

TPG ペイントは、長年にわたり様々な立地環境にある送電鉄塔の保全管理を行ってきた東京電力 パワーグリッド株式会社が、塗料メーカーと協同して誕生した、耐候性・防食性に優れたオリジナル塗料です。下塗りに防食性に優れた変性エポキシ樹脂塗料、上塗りには耐候性に優れたフッ素樹脂塗料の2コート塗装システムにより長期防錆効果を発揮!塗り替え周期を大幅に延伸し、ライフサイクルコストを低減します。

TPGペイントの特長

優れた耐候性

  • TPG ペイント ( 上塗り ) はフッ素樹脂および光触媒反応を抑制した顔料を使用しており、促進耐候性試験や光触媒劣化促進耐候性試験において、他の塗料に比べ長時間にわたり光沢を保持。過酷な自然環境下でも、優れた耐候性を発揮します。

長期防食性

  • 変性エポキシ樹脂塗料を採用した TPG ペイント ( プライマー )は、長期間にわたり優れた密着力と防錆力を発揮!

    腐食促進試験においても、塗膜の割れ・剥がれやクロスカット部からの発錆がなく、その性能が評価されています。

腐食促進試験

長期間美観を維持

  • 高い防食性を持つ変性エポキシ樹脂塗料と、優れた耐候性を持つフッ素樹脂塗料の2コートシステムにより、腐食因子の浸入を防ぎ、従来塗料に比べ飛躍的な防錆効果を発揮して、長期間美観を維持することができます。

塗膜の減耗を防止

  • TPG ペイント(上塗り)は、従来塗料に比べ塗膜減耗が極めて少なく、長期間にわたり膜厚を保持し、下塗り塗膜を保護します。

塗膜の役割

上塗り塗膜の役割 <耐候性・美観>

塗膜の置かれる環境条件に直接さらされるため、耐久性と美観の維持が必要とされます。
下塗り塗膜保護の役割も果たします。

下塗り塗膜の役割 <防錆性・密着性>

基材となる鉄と直接接するため、塗料自体に防錆性能があることが必要不可欠です。
また、外的(腐食)因子を遮断するために、塗膜の密着性も非常に重要です。

塗装物性

塗装仕様

※(真冬):真冬用シンナー、(冬):冬用シンナー

ラインナップ

TPGペイントに関連する技術

もっと見る