東京電設サービス株式会社

閉じる

技術紹介絶縁油分析/劣化診断

絶縁油分析/劣化診断とは

変圧器の絶縁油の主成分である炭化水素化合物は、酸素や熱、金属の影響により時間とともに酸化劣化して劣化生成物を形成します。劣化生成物は導電性を持つことから絶縁油の電気絶縁特性の低下を招き、変圧器全体の絶縁抵抗を低下させます。さらに劣化生成物は親水性も持ち、これにより大気中の水分を油中に取り込み、絶縁油の絶縁破壊電圧を低下させます。

このように絶縁油の劣化を放置すると、電気絶縁特性の悪化が原因で重大な事故が発生するリスクが増しますので、古い変圧器や、事故等により事故電流が流れた際は、絶縁油の劣化診断をすることをお勧めします。

当社による絶縁油分析/劣化診断のメリット

  • 1

    高精度の分析機器により変圧器の劣化状態を的確に判断

    従来のガス分析では困難であったppbオーダー(10億分の1)の濃度で測定を行う「高精度油中ガス分析装置」をはじめ、様々な測定機器により、変圧器の劣化状態を診断し、連続運転の可否を判断いたします。

  • 2

    緊急時は即日対応!

    事故やトラブルなどの緊急時には、即日対応も可能です。また、通常時の分析でも、試料到着から報告までを20日以内で完了するスピード対応を実施しています。

  • 3

    安心の実施体制

    年間6,000検体の豊富な実績があり、安心の実施体制でサービスをご提供いたします。

分析機器のご紹介

  • 水分量測定装置

    油中に溶解している水分量をカールフィッシャー試薬を使用し、自動で電量的に分析する。 
     
    ◆測定方式:電量滴定法
    ◆測定範囲: 10μg~100mgH2O
    ◆検出感度: 0.1μgH2O 


  • 水分量測定装置

  • 絶縁破壊電圧測定装置

    絶縁体の絶縁性能を測るもので、絶縁体に電圧を印加し昇圧するとある値で電気的に破壊に至る。この電圧を測定する。

    ◆測定範囲 : 0kV~100kV
    ◆電圧上昇率:0.5/1/2/3/5kV/s


  • 絶縁破壊電圧測定装置

  • 誘電正接(tanδ)測定装置

    絶縁体に印加した充電電流に対する発生損失の割合(誘電正接)は、その絶縁体の劣化度合いを表すひとつの尺度としている。
     
    ◆測定電圧   :300~1000V
    ◆試料容量範囲 :50~1000pF
    ◆tanδ測定範囲 :0~30%

    体積抵抗率(ρ)測定装置

    絶縁体は、電圧を印加すると極微弱な電流が流れる超高抵抗の物質とも言え、その電気抵抗は、絶縁体の劣化度合いを表すひとつの尺度としている。

    ◆測定電圧   :0~1100V
    ◆抵抗測定範囲 :10~3×1016Ω



  • 体積低効率&誘電正接測定装置

  • 酸価測定装置

    電位差滴定法により絶縁油中の酸性成分を把握し、劣化度合いを分析する。

    ◆電位差滴定検出範囲:pH:0~14.00
              mV:-2000~+2000mV

  • 酸価測定装置

  • 帯電度測定装置(ミニ静電テスタ)

    本装置はミニ静電テスタと呼ばれるものであり、他の帯電度測定方法と比較して等価性、感度、経済性、利便性などを総合して評価が高い測定方法である。

    ◆測定範囲:1 pA ~ 20 mA

  • 帯電度測定装置

  • 密度比重計

    絶縁油の密度を測定する装置で固有振動周期測定方式を使用している。 

    ◆測定方式:固有振動周期測定方式
    ◆測定範囲:0~3g/cm3
    ◆測定精度:±1×10-4g/cm3

  • 密度比重計

  • 動粘度測定器

    規定の条件において一定量の液体が毛細管を流れる時間を測定し、流出時間に粘度計定数を乗じて動粘度を求める。

    ◆温度範囲:常温~+200℃
    ◆ヒーター:2kW(1kW×2)

  • 動粘度測定器

  • 自動引火測定器

    JIS K2265 に規定された試験の過程を自動化した試験器で、引火点を測定する。

    ◆測定範囲:常温~300℃
    ◆ヒーター:バンドヒータ100V-400W

  • 自動引火点測定器

  • 蓄積電荷密度測定装置

    変圧器内部の絶縁油と絶縁紙の流動帯電現象を模擬し、絶縁紙の静電気量を測定する装置。

    実器の巻線漏れ電流の増大傾向に近い高帯電度化傾向を示し、帯電度に比べると相関性が高い。

  • 蓄積電荷密度測定装置

  • 高精度油中ガス分析装置

    従来のガス分析では困難であったppbオーダー(10億分の1)の濃度で測定を行うことにより、変圧器内の異常部位や損傷材料を推定することができる

  • 高精度油中ガス分析装置

動画

絶縁油分析/劣化診断に関連する技術