東京電設サービス株式会社

閉じる

点検・調査の必要性

コンクリートを長く,健全な状態で使用するには,定期的な点検と点検結果に基づく追加調査を行い,異常の兆候を早期に発見,早期に治療(補修)することが必要です。

点検・調査の種類

TDSでは,電力設備のメンテナンスで培った技術・ノウハウでコンクリートの表面,内部の状況を把握し,劣化状況・原因,環境にあった補修方法や予防保全方法などを提案・施工いたします。

  • 目視点検

    コンクリートのひび割れ幅や長さ・浮き,鉄筋の錆汁,漏水状況等を調査し,スケッチします。​
    <KUMONOS>​光波測量器を用いて離れた場所からひび割れの幅・位置・長さを高精度で計測,記録します。​

  • 目視点検

  • ひび割れ深さ・壁厚調査​

    弾性波(超音波)の反射波を測定することで、ひび割れ深さやコンクリ-ト壁厚、内部欠陥等を非破壊で測定します。​

  • ひび割れ深さ・壁厚調査

  • ​鉄筋位置調査(レーダー探査)​

    コンクリート中の鉄筋等の鋼材の被りと間隔を非破壊で測定します。​​

  • 鉄筋位置調査(レーダー探査)

  • ​鉄筋腐食調査(はつり調査)​

    コンクリート中の鉄筋等の鋼材の被りと間隔,コンクリ-トの中性化深さを直接目視で確認します。​

  • 鉄筋腐食調査(はつり調査)

  • コンクリート強度調査​

    リバウンドハンマーでコンクリートの表面を打撃し、反発度を測定し圧縮強度を推定します。​

  • コンクリート強度調査​

  • ​コンクリートコア採取(各種試験)​

    コアを現場採取し,圧縮強度、弾性係数、中性化深さ、塩化物イオン濃度の測定や配合分析等を行い、コンクリートの劣化状況を把握します。

  • コア抜き写真

  • ​塩化物イオン量測定​

    コンクリート表面の塩化物イオン量を蛍光X線測定器にて測定します。​

  • 塩化物イオン量測定

  • ​内空変位調査​

    レベルや高精度のトータルステーションでトンネルの内空変位や縦断変位を調査します。​

  • 内空変位調査

  • 応力開放試験​

    事前に補強を行い,鉄筋を切断,ひずみを測定することで,鉄筋に作用している応力状態を直接把握します。​

  • 応力開放試験

  • ​漏水の水質分析​

    漏水に含まれる塩化物イオンや硫酸イオン等の濃度を測定します。​

  • 漏水の水質分析

  • ​トンネル覆工・背面状況簡易調査​

    覆工コンクリートの調査では、覆工の巻厚と強度、成分分析による劣化状況を確認します​。
    覆工背面の調査では、空洞の有無や規模、崩積土の状況、背面地山の種類、性状等を確認します。

  • トンネル覆工・背面状況簡易調査

  • その他​

    この他にもコンクリート・鉄筋に関わる各種計測・試験を行っておりますので,お気軽にご相談ください。​

もっと見る