東京電設サービス株式会社

閉じる

各種測定技術とは

当社では、電力設備をはじめとして、様々な社会インフラ設備のメンテナンスを行ってきた過程で培ったいろいろな測定技術を有しています。

その中でも、特殊な測定技術である、地中送電線の設計に必要な「土壌固有熱抵抗測定」と、ダムなどで土砂の堆積状況などを把握するための深浅測量にリモコンボートを用いた測定技術をご紹介いたします。

土壌固有熱抵抗測定

地中送電線の設計では、土壌の固有熱抵抗(土が過熱された時の熱の逃げにくさ)が送電容量の決定において重要なパラメータとなります。

 

土壌の固有熱抵抗は、土壌の種類や地下水の有無等により大きく変動するため、その場所“固有”の値を高精度に測定することで過度な安全率を見直し、最適なサイズのケーブル敷設が可能になります。

 

海外プロジェクトや国内電力関連の豊富な実績を活かし、確かな技術とノウハウで精度よく測定いたします。

土壌固有熱抵抗測定の詳細ページはこちら

リモコンボートによる測量・調査

対象設備
  • 水力発電所ダム貯水池、調整池
  • 各種貯水池

貯水池等における深浅測量作業では、ワイヤー張りによる測定方法や、基地局設置でのGPS測定方法等が従来より実施されていますが、「設置が面倒で複雑…」「測定に時間が掛かる…」「コストを抑えられない…」など、様々な課題が浮き彫りになっています。

 

TDSがご提案する“リモコンボート深浅測量”は、河川・ダム・湖沼の水上からリモコンボートにより、土砂の堆積状況や浚渫前後の現況確認など、高精度かつリアルタイムに地形・底部の測定や水深測量をおこないます。また、リモコンボートに搭載したCCDカメラにより外観調査も行います。

特長

  • Point1

    リモコンボートはSBAS(静止衛星型衛星航法補強システム)を利用し、自立走行により測定線上を1秒間隔で連続した測定・記録ができます。

  • Point2

    記録したデータは、専用ソフトにより容量計算書・背水計算および図面作成が効率的に作成出来ます。

    ※TDS独自開発による「深浅測量報告書支援システム」による

  • Point3

    測線間のワイヤ張り作業が不要ですので、安全で効率的な作業ができます。

  • Point4

    リモコンボートに搭載したCCDカメラにより、湖岸等に接近した外観調査が可能となります。

従来の測定方法

  • ワイヤ張り作業

  • GPS測定作業

GPS移動局の設置

GPS基地局の設置

リモコンボートの測定方法

◎1人での作業可能!
◎自律走行による測量精度UP!
◎リアルタイムデータ収集!
◎立入困難場所での調査可能!
◎安全で環境にやさしい作業に!
◎取得データは一括出力OK!

各種測定技術に関連する技術